熱処理後、スケールが付いた状態の品物をショット機にセットし、ショット機のスチール
                     ボールで、品物の表面をたたくことにより、表面が美化される。

     

1.スケールの付いた状態            2.ショット機に品物を並べる           3.ショット終了(表面美化)


         切断機で品物をカットしTP(テストピース)を作り耐水ペーパーで磨き鏡面仕上げ
                      にしたTPを試験機で測定する。3の写真画面の菱形は測定時のTPの圧根。

     

1.測定の為のTPカット              2.TPを鏡面仕上げにする             3.ビッカースでTPを測定